記事の詳細

深夜などでの時間帯には静かだと思えていた空間が意外と音が聞こえてしまうこともあるかと思います。深夜でさえ響きますので、昼間ともなればさらに音が溢れて居るのではないかと思います。

防音のリフォームをする場合にはなぜ防音をしたいのかなどの理由から考えることが良いといわれています。何故かといいますと、明確になっていないと効果的な防音を施すことは難しいからであるということです。
防音は、外からの音、中からの音、家の中での部屋から部屋への音の3点から検討をする必要があります。

音がどこから入ってくるのか、あるいはどこから出ていくのかも調べておくことが良いでしょう。床や天井、壁などそれを知っておくことで、対策をしやすくなってきます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る