記事の詳細

バリアフリー、ユニバーサルデザインなどのデザインは家族が快適に過ごすことができるように進歩を重ねてきておりますが、いままでのユニバーサルデザインは大人目線で作られた住まいが基本となっています。それによってサイズなども大人になっていることもおおいので、子供目線ではなかなか作られていないこともおおいです。

こちらの業者さんでは子ども目線で家族の安全を考え、子ども目線で、家族の時間やかかわりを考えキッズデザインの住まいを考慮しお子様の目線でも考えることが出来る住まいを考えてきています。

転倒・転落を原因とする子どもや高齢者の家庭内事故は全体の半分を占めているという研究結果が出ています。階段で滑って転落する事故などに滑りにくい滑り止めクッション素材を開発するなどいままでの大人の事故を考えつつプラスでキッズの環境も考えられています。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る