記事の詳細

物件の状態や構造によってはフルリフォームができない場合がありますので、できる事とできない事について知っておきましょう。

基本的に築年数が経過している古い物件は、現在の耐震基準を満たしていない可能性が高くて倒壊などの危険性があるため、リフォームではなく建て替えを選ぶ事になるでしょう。

建物の構造によっては柱や壁は撤去できないため、間取りを変更するリフォームには制限がある事が考えられますよ。

水回りは給排水管の位置によっては移動させるリフォームが難しい可能性がありますので、リフォームする前に確認しておく必要があるでしょう。

マンションの場合は管理規約によってはフルリフォームができない事が考えられますので、物件選びする際には注意しましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る