記事の詳細

近年では賃貸でもDIYリフォームができる物件が増えているので、リフォームできる床材について知っておきましょう。

基本的に賃貸のリフォームには制限があり、退去する時に原状回復を行う必要があるので、床材を剥がしたり穴を開けたり接着する事が難しいため、施工できる床材を敷くリフォームを行う事になるそうです。

例えば、タイルタイプの無垢材やはめ込むタイプのフローリング、クッションフロアシート、ウッドカーペットなど接着しなくても使える床材を活用してDIYリフォームを行うのですが、綺麗に仕上げるためには道具や技術も必要なのだそうです。

賃貸で畳の上に床材を敷く場合には、凹んでいる部分の対策をしないと不自然に浮き上がってしまいますので注意しましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る